FC2ブログ

必須アイテム 『紙やすり』

ミシンを上手に縫うのに、
今となっては、なくてはならない存在になっているアイテム・・・

それは 紙やすり です!!


えっ!?
紙やすり・・・って、DIYで使うんでしょ?? とお思いでしょう。

縫製を仕事にしている人でも、意外と「紙やすり」の便利さを知らない方がいます。

私はそんな方には、どんどんオススメしてるのですが
使うとだいたいみなさん「縫いにくい生地だったけどうまくいったよ!」と
感謝されるんですよー(笑)

どんな場合に使うのかというと・・・
・縫い伸びする生地のとき
・生地が滑らず押えがひっかかるとき
・ダーツを縫うとき
・分厚い部分を縫うとき
・ステッチする時の定規の代わり

まだまだあるかと思いますが、今思い当たるだけでもこれだけ用途があるんですよ。

絶対あると便利なので、ここをご覧の方にも、ぜひ知ってほしいのでご紹介しますね☆


PICThi0020.jpg
「紙やすり」といっても、ごく普通にホームセンターなどで売っているものです。
1枚¥50くらいだったかな?
安いです(笑)

ちなみに、手芸店には置いてませんので、ご注意くださいね!



紙やすりには【番手】といって、やすりの「粗さ」があります。

この場合は生地に使うので
あまりザラザラする粗いものでは生地を傷めてしまいます。
かといって、ザラザラが甘いものだと、生地に引っかかってくれないので、意味がありません。

この中間で、ちょうど良さそうかな?と、私が独自に判断したよく買う番手が

【240番】 か 【280番】 です。

・・・って、いつも両方とも買ってしまうのですが。。。



このままでは使えないので、カッターでカットします。

PICThi0022.jpg
こんな感じに、私の場合は 1.5cm幅で、全部切ってしまいます。
(幅は、お好みで、もっと太くても細くても、使いやすい幅でいいと思います♪)



では、使い方です!

PICThi0023.jpg
特に、縫い伸びしやすい生地の時に使ってみて下さい。

写真のように、押えの下にザラザラ面を生地に当てて挟みます。
そして、針の左側にくるようにします。

PICThi0024.jpg
縫い伸びしないために紙やすりを使うので
なるべく縫う位置の近く、つまり、針のギリギリそばまで近づけて下さいね!

万が一、紙やすりを一緒に縫ってしまっても大丈夫!!!

所詮 「紙」 です。 
そうです!破けます! やすりを破いてしまえばいいんです(笑)

・・・まぁ、手荒い方法ですが、万が一の場合ですので(^^ゞ



PICThi0025.jpg
こんな感じに、伸びる生地でもびよーんとはならずに縫えました。

(・・・って、この場合はタテ目だったので、あまりびよーんにはならないんですけどね)



PICThi0027.jpg
また、ちょっと 分厚い部分を縫うときにも使ってみましょう。
紙やすりを添えるだけで、ズルっとずれそうなところも
ズレずに縫えますよ!

他の場合の使い方は、追ってご紹介しますね。


ぜひぜひ、持ってると絶対便利な「紙やすり」です!!
ほんとオススメなので、使ってみて下さいね☆


11.gif


今回、縫っていたのは 「犬の服」でした☆

実家のワンコは、ちょっと毛並が長いのですが
抜け毛が激しいんですぅー。。。

掃除機しても、しても、しても~~もう大変!という母が
抜け毛防止のため洋服を着せはじめたのですが。。。
(かわいいから着せるんじゃなくて、抜け毛防止っていう現実感・・・(笑))

中型犬のうちのワンコちゃん。
ちょうどいいサイズの服が売ってなーい!というので
作ってあげました☆


PICThi0019.jpg
型紙も、今ワンコが着てる服から抜きまして、ちょっと適当に・・・(^^ゞ
冬なのでノルディック柄で、メスなので赤をポイントに♪



はい完成! 
PICThi0030.jpg
袖はいらない、と母から要望があったので 袖は無しです。
商品じゃないので、見頃の柄合わせもしてませーん!(手抜きです。。。)


ワンコ着用写真が撮れたら、改めてUPしますね☆





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



洋裁道具を揃えよう~あると便利編~

今回は、あると便利グッズをご紹介します♪


ロータリーカッター
PICT0626-2.jpg
裁断がラク~&キレイにできるカッターです。
裁ちばさみで裁断するより手軽なので、ぜひオススメします!
カッターなので、やはりだんだん「刃」の切れ味が悪くなってきますが
左のように替え刃が売ってますので、切れなくなってきたら取り替えましょう。



カッティングマット
PICT0632-2.jpg
ロータリーカッターを使うには、このマットはかかせません。
ある程度の大きさのものが1枚あれば、いろいろ使えて便利ですよ!



ぶんちん
PICT0636-2.jpg
ロータリーカッターで裁断する時に、これがあると便利です!
左のはかなり大きなパーツを裁断するときに使いますが
ここまでは必要ないと思います・・・
ぶんちんじゃなくても、重さがあるもので代用もできるかもしれません~




ステッチ定規 (ステッチガイド)
PICT0647-2.jpg
これはご存知ない方もいるかしら?(洋裁好きの母は最近まで知りませんでしたー)
これさえあれば、生地を裁断する際にチャコ等での
上がり線を印付けする必要がなくなります。
ぜひぜひ揃えてほしいひと品です!!



ここからは・・・
---便利グッズを自分で作る編---です(笑)


紙やすり
PICT0633-2.jpg
洋裁に携わったことのある方だとご存知ですね♪
この紙やすり、持ってるとすごく便利なんですよ~

ホームセンターなどで売ってる紙やすりを買ってきて
使いやすい幅(私は1.5cm)にカッターで切るだけです。
紙やすりはザラザラ加減がいろいろあるのですが
あまりザラザラしてると粉が落ちるし、生地も傷めます。
かといって、ザラザラしてないと生地を押さえてくれません。
私は、#240か#280を使ってます。




折り折り (←私が名づけた・・・)
kako-eKvIZCRvLhorxIok-2.jpg
なんだこれ???とお思いでしょう・・・
これは私が勤めていたサンプル縫製の会社で使っていた便利グッズです。
何に使うかというと、
アイロンで、生地端を折るときに使います。
なので、いろいろなサイズがあるんですね~


kako-hPpIJrH0XB6KPFLb-2.jpg
厚みが1.5ミリ程の厚紙が手に入ったら、ぜひ作ってほしいグッズです♪

作り方は、見ての通り(笑)
厚紙を切りたい大きさにカッターで切るだけです。
この時、1ミリもズレないようにするのが大切です!

これがあるとホントに便利で
違う会社に行ったときも使ってたら
「折り折り借りま~す!」と、みんなが使ってました(笑)

ペコペコする厚紙だと弱すぎて折れてしまうので
しっかり厚みのあるもので作ってみてくださいね!



-----

まだまだ便利グッズはあるのですが、
それはまた使うときにご紹介します☆

洋裁道具を揃えよう~基本編~


必要な洋裁道具を揃えましょう♪

・・・って、基本中の基本の道具ばかりですけど(~_~;)

お店には色々な道具が売ってて、何を揃えればいいのか分からない・・・
という初心者の方のために
とりあえず、これさえあれば大丈夫!というものはこちら↓です。


小ばさみ
PICT0622-2.jpg
これはぜひ1つは持っていた方が便利です。


裁ちばさみ
PICT0631-2.jpg
上:布を裁断するためのはさみです。
  布以外に使うのは絶対にNGです!!布専用にして下さいね。
  (紙などを切ってしまうと、布の切れ味が悪くなってしまいます)

下:こちらは通常の裁ちばさみよりもちょっと小さいものです。
  制作途中に、縫い代を切ったり、ちょっと切り込みを入れたり・・・と
  手元にあると便利なはさみです。 


ピンクッション
PICT0619-2.jpg
私はこのタイプが好きで、専門学校時代から愛用して2代目の子です・・・
(しかも、表面を自分で張り替えました~)



まち針
PICT0627-2.jpg
私はこの赤と白の小粒のものが使いやすくて愛用してます。



定規
PICT0625-2.jpg
最低この3つがあるといいと思いますよ♪
左:20cmの竹定規
中:30cm定規
右:50cm定規(定規に×が入ってるものはバイヤスが分かりやすくなって便利です)



目打ち
PICT0624-2.jpg
最初の頃は、目打ちって何に使えばいいのか分かりませんでした(笑)
今となっては洋裁必需品です!
ちゃんと使い道があるので(笑)ぜひ揃えて下さいね。



チャコペン
PICT0618-2.jpg
だいたいお店には・ピンク・水色・黄色・白の4色あると思いますが
白以外の3色持っていれば大丈夫です。
水性ペンのようなタイプもありますが、私は使いません。


あとは、
・ミシン針 
・縫い針 
・縫い糸
も、ご用意くださいね。

針や糸には、「番手」と言って、太さがいろいろあります。

ミシン針は #9(細い)~#16(太い)ですが、通常は#11でいいと思います。
針ひとつでミシンの糸調子が変わりますので
必ず新品を付けて、折れたらではなくて、針先がザラついたら取り替えて下さい。
(縫ってる時、布を刺すたびにプツプツ音がするようになったら
針先がザラついてきた証拠です)

糸の番手は、数字が小さいほど 糸が太くなります。(針と逆ですね)
通常は60番でいいと思います。

糸見本
お店には、だいたいこのような「糸見本帳」が置いてあります。
糸のメーカーによって分かれていますので
自分が買おうと思っているメーカーの見本帳を探して
この糸の束を実際に生地に充てて合う糸を探しましょう!
なので、糸を買うときは、生地の切れ端を少し切って持っていくのがいいですよ♪


次は、あると便利編をご紹介します☆