FC2ブログ

タック入りカーテンの作り方

引っ越しして早1ヶ月・・・

未だにカーテンのない窓がありました・・・(-_-;)

ここの窓には、前の部屋で使っていたカーテンを再利用する予定でいたので
用意してなかったんだけど
やーーーーーっと!!カーテンを作ろうと、重い腰をあげたのでした(笑)

でも、私自身、カフェカーテンなどは何度も作ったことあるけど
ちゃんとした既製品のようなタック入りのカーテンを作るのは 初!

既製カーテンを見ながら、自己流で作ってみましたのでご紹介します☆

注)今回は、既にあるカーテンを再利用しましたので
  あくまでタックの部分の作り方のみになります。

----------

用意するものはコレです↓
PICT0015.jpg
カーテン用のテープ (幅広タイプ)
カーテンフック (¥100ショップのもの)

カーテン用のテープは、¥150/mくらいだったかな?
(すみません、忘れました・・・)
思ったより安かった印象です(笑)
細幅タイプもありましたが、私はこちらの幅広タイプにしました。


-----------

まず、計算をしなければいけません!

付けたい窓の幅と、タックの本数で、カーテンの幅が変わります。

私の場合、このように計算しました 【注意:自己流です】

・窓(カーテンレール)の寸法、幅・・・・約80cm
・タック 6本

窓の幅が 約80cmなのですが、ゆとり分を入れて 85cm  に仕上がる設定にします。

(ホントのカーテンは、きちんとした寸法の算出方法があるので
絶対5cmというわけではありませんので ご注意下さい)



タック1本あたり 6cm 使います。
なので、タック分は 6cm×6本=36cm ですね。

ということで、カーテンの幅は
85cm+36cm=121cm ということになります。

タックをもっと多くしたければ、その分増やせばいいだけです。

カーテンテープは、ぴったり121cmでカットします。
生地は、121cmに縫い代を入れて裁断します。


---では縫っていきましょう---

PICT0017.jpg
最初に、上端にロックミシンをかけます




PICT001924.jpg
ロックミシンをかけた端に合わせて 裏側 にカーテンテープを合わせます




kako-ht6MvoibGLJLiRG9.jpg
カーテンの両端は、1.5cmの三つ折り始末にしたいと思います。
なので、テープは、縫い代3cmの中に入るように 上がり位置まで にします。





PICT002024.jpg
ロックミシンをかけたあたり(端から4~5mm)を縫います。
ミシン目は、粗くても大丈夫です。

テープは、こちらの端側だけミシンで縫って
反対側は縫いません。

このような状態を、専門用語で フラシ と言います。

フラシなので、テープの裏側に手が入る状態ですね。

kako-7xk3kwNwAYk5BLZ8.jpg
両端を1.5cmの三つ折りにしてステッチします。




kako-fsigQo13i3xtErmC.jpg
カーテンテープの幅で 2つに折ります。




kako-MBQSWIrElU3tzAE0.jpg
両端を3mm程度で縫って止めつける。



---これでカーテンテープが付きました--- 



次に、タックを作っていきます。
kako-MbqGHLxrfIuL0ntm.jpg
両端から3cmほどあけた位置から タック6cmを測り
まち針で印を打ちます。



kako-J0xpvtV2gOnd7wIu.jpg
まち針同士が合うように 表側に折ります。


PICT0039.jpg
カーテンテープの幅だけ 3cm で縫います。




PICT004024.jpg
写真のように、真ん中をつぶして・・・

PICT004124.jpg
さらに、その中心をつまみます。

kako-dPD4W0ahuLW53nBB.jpg
その、つまんだ部分(写真の赤線の部分)を縫って止めます。

この時、カーテンフックを入れる場所を作るために
先に縫った縫い目から 2~3mm ほど あけて下さい。


PICT004424.jpg
はい♪こんな感じに出来ました!

この要領で、次々タックを縫えばいいのですが、
均等にタックを取るためには どうすればいいか ご説明しますね!
-15図解
左右、両端のタックは完成したとします。

なので、残りのタックは あと4本 あります。
両端のタックからタックまでの長さを測り 5等分 します。

タック残り4本だからといって、4等分しないで下さい!!

これで、均等にすべてのタックが作れますね。


---------

完成しましたーー☆
PICT004824.jpg
やっとこの窓にもカーテンが付きました・・・(笑)

PICT004724.jpg
既製品のような仕上がりになったでしょ♪

計算さえ間違えなければ、作り方は簡単なので
ぜひ、お部屋の気分転換や、季節に合わせて
好きな生地でカーテンを手作りしてみてはいかがでしょうか185.jpg

次は遮光カーテンを作らなきゃーー!


 hanahana.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ポケットファスナーのつけ方 ~その2~

ファスナーの付け方の続きです☆

前回は、ファスナーを片側(ポケット側)付けたところで終わりましたので
今回は本体側に付ける方法をご紹介します!

-------------


本体に付ける場合(サイドにファスナーを付ける場合)
どのような状態になるかを図解したのがこちら↓
kako-Q1EbGM1Pw1FRc628.jpg
黄色の線がファスナーです。
本体側にファスナーを付ける時、縫い代がこのように内側になるように縫いたいですよね。


kako-MC53tZNWnY3oGPVH.jpg
この、「縫いたい位置」にまち針を打ってみましょう。


kako-LZsy2MhOnUNlbUkH.jpg
うっすら見えるでしょうか?
前回同様 「この線の位置」を縫いたいので
この線の延長上に まち針 を打ちます。



向きを変えました
kako-YhSGNfXZcV4FdnWq.jpg
まち針 の位置が、裁ち端から何センチか測ります。
ここでは、ちょうど 4cm でした。



kako-qb0eyy1XTaQfjcsJ.jpg
さらに、ファスナーの縫い代を測ります。
縫いたい線の「ここの線」まで 7mm(0.7cm)でした。



ということは!?
kako-bfkvwUvoC8HETlQ2.jpg
今、測った寸法を足すと。。。
4.7cmですね!

この寸法を、裁ち端から測って、チャコで印付けします。
(この時、ビシっと線を引いてしまうと、後で残るので
数か所 点 点 と描くのがよいかと思います♪)



ここで、一旦、整理しましょう!

何の寸法を測ったのか
この印付けの位置は何なのか
お分かり頂けてますか??(笑)


もう一度、図解しますね。
kako-RncKuJaEMlaq8FXq.jpg
4cmは 裁ち端から縫いたい線(上がり位置)までの寸法。
7mmは ファスナーの縫い代。
この、両方を足した位置に印つけ。

この図でお分かりかと思いますが、
この印つけした位置が、次の工程で必要な 大事な位置 になります。




はい。次の工程行きますよー!

kako-ahTZRW6iOnhUd9P8.jpg
印した位置に、このような状態で
ファスナーを裏返しにして合わせます。

kako-APazvYt0FQLVbPhK.jpg




向き変わりました
PICT0038.jpg
片押さえで、ファスナーの線を縫います。
ファスナーの端から縫い代 7mm で縫うということになりますね。




PICT0040.jpg
さらに、もう1本、コバステッチで縫います。
そうすると、左右、同じ見え方になります。



表に返すと
この図解の通りになっていると思います!!
(写真、撮り忘れました・・・すみません・・・)
図解1




はい! ☆完成☆ です~
PICT0042.jpg



ポケットファスナーの付け方、お分かりいただけましたか?

数ミリの寸法が、とっても大事なので
「適当でいいや~」 ではなく
きちんと測って、寸法通りに縫えば
完成もキレイに仕上がりますよ♪


ファスナーの付けかたは、いろいろなバージョンがありますので
徐々にご紹介していけたらと思ってます!


032ed3cc.png



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ポケットファスナーの付け方 ~その1~

先日、思い立って作ったポーチです♪

PICT0042.jpg

通販や、ネットショッピングすると
コンビニ支払いの時がありますよね?

その、支払伝票。
出掛けたついでに、支払って来よ~っと!と思って
バッグに入れて行って、気づいたらバッグの中で伝票シワシワになっちゃったーー!!!

・・・ってことが時々あるんです。(私だけ?)

しかも、支払い用のお金も一緒に分けておきたい。

そんな思いから、
・伝票を入れておいても折れ曲がらない(ポーチ自体が硬い)
・お金を一緒に入れておける(小銭も)

そんなポーチを作ってしまおう☆

ということで作ったのがこれなのです・・・


このポーチのように、サイドにファスナーを付ける場合の
キレイなファスナーの縫い方をご紹介します☆

----------

生地とファスナーの位置関係はこちら↓
PICT0018.jpg
今回使った生地は、リバーシブルだったので
ファスナーポケット部分は裏地ナシです。



まず、ポケット側にファスナーを付けます。

ファスナーは裏にして置きます
kako-chLYbK1nCmWHt1Rh.jpg

1cmの縫い代で縫うのですが
ファスナーに「線」があるのが見えますか?

「ここの線」と書いたところです。

この線を目安に縫うと、曲がらずにまっすぐ縫うことができます!

この線の位置が 1cmになるように置いて、まち針で止めます。
PICT0021.jpg



押え金は「片押さえ」を使います。
kako-Vao9oohUQEvNLgnU.jpg

ファスナーの「線」を目安に縫っていきましょう。


PICT0023.jpg
ファスナー止まりまできました。
ギリギリまで縫ってきたら・・・


必ず針を刺したまま、押さえを上げて
kako-1mGFiNAoN5powzVS.jpg

スライダーをずらして、ファスナーを閉めます。

PICT0025.jpg
スライダーが邪魔にならない位置までずらしたら
続けて最後まで縫いましょう。


ファスナーがついたら
縫い代の始末をします。
kako-KsWDzXAITSLamDVP.jpg
思い付きでやった方法が、これです↑
(ロックミシンをかけるのが面倒だった・・・のは内緒)

ファスナーの間に縫い代を折り込んでステッチする方法です。

PICT0029.jpg
裏側から、コバステッチで縫ってみました。


PICT0030.jpg
こんな感じ♪
スッキリ綺麗に始末できました!

この方法は、思い付きでやった始末の方法なので
必ずしなければいけない始末ではありません。

ロックミシンをお持ちの方は、ファスナーを付ける前にロックをかけておいてもOKですし
裏布を付ける場合は、始末しなくてもOKです。


--------

これで、ポケット側のファスナーが付きました。
次は本体側に、ファスナーの反対側を付けていきます。

長くなったので、その2へつづきます・・・


225.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ドレス完成

ウェディングドレスのお仕事が終わりましたー!

昔は、ウェディングドレスを縫うのは
パターンも大きいし、パーツ数も多いし、裁断も大変だし、
手間がすごいかかるし、どんどん大きくなるから振り回すの大変だし
1着作ったら、しばらくやりたくなーい!!って思ってたけど

今は、
着る人の☆HAPPYオーラ☆がどんどん出てるような気がして(笑)
作ってて楽しいんですよね♪

幸せになって欲しいな~!とか、素敵な挙式になりますよーに!とかとか・・・
こちらまで、ウキウキしながら縫製してました(笑)



PICT0002515.jpg
チュールのギャザー寄せ
この、ギャザー寄せ押さえを使うと、勝手にどんどんギャザーを寄せてくれます。
ドレスのパニエ作りには、欠かせない押さえ金です。



PICT0004515.jpg
こんな感じで、裏スカートにチュールをタタキつけるんですが
どんどん大きくなるので、埋もれながらの作業です(笑)




PICT0008515.jpg
身頃です。
この後、ビーズやパールが散りばめられるみたいです☆




PICT0010515.jpg
スカート部分は、ドレープの入ったデザインでしたー。


全貌はお見せできませんが・・・
お客様に喜んでもらえますように185.jpg


270.gif




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

簡単コースターを作ろう ~アイロン・仕上げ~

コースターごときで長々と引っ張ってすみません(-_-;)
もう少しで完成しますので!


182.jpg 182.jpg 182.jpg

ミシンでぐるり縫うところまで完成しました。
PICT0661-2.jpg

そして、ひっくり返し口も縫ってふさいでしまいましたよね?
このまま次に行きましょう~♪



次はアイロンです。
PICT0675-2.jpg
表地側を上に、裏地側を下にして
(↑この向きが非常に重要です!!!)
写真のように、縫い目で折ります。



PICT0676-2.jpg
このように、ぐるっと折り目をつけます。

お気づきでしょうか??
この工程をするために、ひっくり返し口も縫ったんですよ☆

毛抜き合わせをキレイに仕上げるコツとして
一旦、縫い代を上がり線(縫い目)で折っておく という技があるんです。

このひと手間をするか否かで、表に返したあとが全然違います!
この技は、縫製には重要なので、ぜひ覚えてくださいね♪


ひっくり返す前に・・・

PICT0677-2.jpg
余分な縫い代をカットします。
角は折り重なって、厚みが増すので、このようにナナメに切ります。



PICT0667-2.jpg
そして、粗ミシンをしたところを ほどきます。



ひっくり返し口から、親指を入れて・・・
PICT0680-2.jpg
角の縫い代をきちんと折り畳んで、指でしっかりつまんで表に引き出します。



表にひっくり返しました☆
PICT0681-2.jpg
右と左の違い、分かりますか?
ひっくり返した直後で、まだ表からアイロンはしていません。

右側が、先ほどの工程で、アイロンで縫い代を折らずにひっくり返したもの。
左側が、アイロンで折り目を付けてからひっくり返したもの。

右側は、角もいびつだし、全体的にぼわっとしていて
形を整えて次にアイロンするのが大変そうですよね?

左側は、ひっくり返した直後ですが、角もきちんと出ていて
アイロンも仕上げ程度で済みそうですよね?

ひと手間で、こんなにも違いが出るのです。
お分かり頂けましたか♪


PICT0673-2.jpg
角が出きっていない場合は、目打ちを使って引き出してください。


182.jpg 182.jpg 182.jpg

最後の仕上げです!
ひっくり返し口をまつり止めましょう。

kako-ipHzY9MUCVOzhPzD-2.jpg
玉止めを表に出したくないので、縫い始めは、縫い代の中に針を刺します。




PICT0716-2.jpg
表に出ないように、折り目より1ミリ内側を
2~3ミリすくうようにして、まつっていきます。



PICT0724-2.jpg
最後まできたら、ギリギリのところで玉止めをします。




PICT0727-2.jpg
玉止めしたら、まだ糸は切らず
縫い目のあいだから針を入れて、適当なところで表に刺して出します。
こんな感じ↓
PICT0728-2.jpg
これで最後の玉止めも中に入りました。




PICT0731-2.jpg
布地を切らないように気を付けながら、ギリギリで糸を切って
仕上げアイロンをしたら~~~


185.jpg完成185.jpg
PICT0733-2.jpg
やっと完成しました!
(長かったですねー)


簡単コースターは、ちょっとした端切れがあれば出来ちゃうので
たくさん作ってみてくださいね。
右側のように、レースを付けてもかわいいですよ♪


hanahana.gif



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

簡単コースターを作ろう ~ミシン~

裁断が終わったので、縫っていきましょう♪

PICT0644-2.jpg
裁断した、表地と裏地を、「中表」になるように重ねます。



PICT0645-2.jpg
まち針で数か所止めます。
この時、まち針の向きは、写真のように、生地の裁ち端に対して垂直に刺します。


これは間違った まち針の刺し方です↓
kako-Dd6iZRs3mJQXDXto.jpg
裁ち端に平行に刺さないようにしましょう。


182.jpg 182.jpg 182.jpg


ミシンの準備をします。
PICT0651-2.jpg
あると便利グッズで紹介したこちらの「ステッチ定規」をセットします。
これさえあればミリ単位の縫い代幅を縫うことができるので
あると便利・・・というより、【ないと困るグッズ】です(笑)




PICT0653-2.jpg
今回の縫い代は 「1cm 」なので
竹定規を使ってこのように 針から1cm になるようにセットします。
必ず目線は針の前から見て下さいね。



182.jpg 182.jpg 182.jpg



いよいよ縫います!
kako-IIxTrz0JxWWTad0I.jpg
生地の裁ち端をステッチ定規に合わせて
ずっとこの状態を保ちながら縫います。

縫いはじめは3針~4針程度の返し針をしてから縫い進めます。


★今回は分かりやすいように、赤い糸で縫っています★


角にきました。
PICT0656-2.jpg
針を刺したままの状態で向きを変えます。
その時、きちんと1cmの縫い代になっているか確認してから縫い進めましょう。
(ここで1cmになっていないと、仕上がりが歪むので重要ポイントです!)



ぐるっと1周、縫ってきました。
kako-ZbFxya7r7vw9PCnH.jpg
ひっくり返し口を 約5cm程度開けて、縫い終わりも返し針をします。


通常だと、この状態で糸を切って終わりにしていませんか???

*mie*流は違います!
★縫製のコツ★ ひっくり返し口も縫ってしまおう なのです♪

ひっくり返し口も、一旦ふさいでしまうんです。
でも、あとでほどくので、ミシンの針目は粗く設定しましょう。
PICT0659-2.jpg
my ミシンは工業用なので、なぜか針目が「4」までしかないのですが・・・
でも「4」くらいでちょうどいいかと思います。



糸は切らずそのまま粗ミシンで完全に縫ってしまいました。
PICT0660-2.jpg
分かりますか?
ひっくり返し口の始めと終わりが返し針で、間が粗ミシンになってます。

粗ミシンは返し針する必要はありません。
縫い始めに3~4針重ねて縫えばOKです。


----------
これでミシンは終了です。
ひっくり返し口も縫ってしまうのは意外だったのではないでしょうか?
これは、サンプル縫製の仕事中で私が編み出した技です(笑)
次の工程で、この縫った意味が分かると思いますよ!

これはホントに使える技なので、ぜひ覚えて下さいね♪


225.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

簡単コースターを作ろう ~裁断~

kako-URRtjiFgvBbdyxLz.jpg

「簡単コースター」を作ろう!

ただ四角に縫うだけでしょ!とお思いでしょう・・・

簡単な中にも、縫製のコツが満載です。
★キレイな毛抜き合わせの方法
★キレイに角を出す方法
★ひっくり返し口をキレイにまつる方法
★簡単な玉止めのつくり方
・・・などなど。

ちょっとした「手間」をかけることで
仕上がりがキレイになりますよ~☆

--------
【型紙(パターン)を作る】

簡単なので、型紙も作ってみましょう。
なんでもいいので、紙を用意して下さい。

kako-JxUk9xEGA7yFj6ad.jpg
今回は、分かりやすく 10cmの正方形コースターを作ります。
なので、このように、10cmの正方形を書きます。
その周りをぐるり 1cm の縫い代をつけて
合計で12cmの正方形の型紙にします。
(正方形になっているかは、写真のように、対角線で折ってみましょう!)



型紙が出来上がったら裁断です!
kako-RKx62OPX3aEMQBnu.jpg

裁断するのは
*表地1枚
*裏地1枚 の、2枚です。

今回は説明が分かりやすいように、裏地は無地にしましたが
表裏とも同じ生地で作っても構いません。


型紙をこのように、生地の「耳」に平行に置きます。



ぶんちんなどの重しでしっかり押さえて・・・
PICT0639-2.jpg
ロータリーカッターで裁断!!

このように、直線の型紙の場合は、定規を添えると、キレイに切ることができます。
私は慣れてるので、プラスチックの定規でやってますが
ロータリーカッターに慣れてない方は定規をガリっとえぐってしまうかもしれないので
ステンレスエッジ付の定規がいいと思います。



はいっ!出来ました。
PICT0641-2.jpg
ぐるっときれいに裁断できました。
はさみで裁断するよりもラクだし、キレイでしょ♪
ロータリーカッターは、ぜひぜひオススメです!




kako-pZTNvMO5zl4Jghjt.jpg
同じ要領で、今度は表地を裁断。
「耳」に平行をお忘れなく!



☆裁断 完了☆
PICT0643-2.jpg

これで裁断は完了です。

次は縫製です!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村