FC2ブログ

パイピングコード の作り方

前回、「次は折り折りの使い方を~」なんて宣言してしまいましたが
先に、このバッグのポイントとして使った 『パイピングコード』 の
作り方をご紹介します☆

PICb0039.jpg


----------------

用意するもの。。。
*バイアステープ
PICT0001pp.jpg
既製のバイアステープを使いました。
(今回使ったのは「デシンバイアス」です)

たまたまうちにあったのが「両折れ」だったので
写真下のように、アイロンで折れ目を開きました。


*たこ糸
PICT0004pp.jpg
太めの たこ糸 を使います。
写真は、2本の太さが違いますが、見せたいパイピングの雰囲気によって
お好みで、太さを変えてみて下さい。




-----パイピングを作る-----

PICT0005pp.jpg
まず、たこ糸をバイアステープの真ん中に入れて
まち針で止めます。




PICT0007pp.jpg
このように、片押さえで
中に入れた たこ糸の きわ を縫います(針目は大き目)
あまり、たこ糸ぎりぎりにしすぎて、たこ糸を縫わないようにしましょう。



PICT0009pp.jpg
はい、こんな感じにできました♪

★今回はバイアステープの幅が、少し広めだったので
 このままでは、縫い代が多すぎでしまうため
 この時点で余分な縫い代をカットしました。



-----パイピングコードを縫い付ける-----

kako-ke6hYKggqHdE0x4H.jpg
今回のこのバッグなど、【わ】になったところに付ける場合
写真のように、ちょうど縫い目のところで、パイピングコードを重ねるようにして縫います。

自然にナナメにして縫い始め、ぐるっと1周してきたら、また自然にナナメにしてぬい終わる。

こうして表に返してみると・・・

kako-zGSAA1vlsmMDXNIe.jpg
こんな感じに、少しだけ重なった状態になりました。
ちょうど縫い目のところに重なりがきてますよね♪
この状態になればOKです!




最初は、ちょっと難しいかもしれませんが
パイピングコードも自分で作れるとなると
自分で作った小物たちを更にグレードアップできますよ☆


ぜひお試しくださいね♪


11.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



バッグの 持ち手 の作り方

kako-FJJvvKfzgtuM64dC.jpg

前回はこのバッグを作る際にやった【袋縫い】をご紹介したので
今回は、【持ち手】の作り方をご紹介しまーす!


-----【持ち手】の作り方-----

        ①                 ②                  ③  
図解b5
バッグの持ち手の縫い方は、おそらくこの3つの方法になるかと思います。

バッグの持ち手に限らず、・紐 ・ベルトループ ・リボン・・・なども、このどれかの縫い方になります。

どの方法がいいかは、出来上がりの幅や、生地の厚み、用途によって変わってきます。

①は、中に入った縫い代も、生地幅と同じだけある縫い方。
薄い生地などの場合に、この中に入った縫い代が「芯」の代わりとなるので、しっかりさせることができます。
逆に、厚い生地の場合は、生地が4重になるため、厚すぎる場合があります。

②は、上がり幅に対して縫い代が少ない縫い方です。
例えば、上がり幅は2.0cmに対して、縫い代1.0cmで縫った・・・という感じ。
透けない生地の場合は、この仕上がりになる縫い方が一番多い気がします。
ただ、これは生地の厚みが、片側は4重、反対側は2重となるので、「段差」が生まれ
アイロンをビシっとかけた時などに、折り目しわなどが付きやすいです。

③は、縫い目を上がり幅の中心になるようにする縫い方です。
ある程度の上がり幅がある場合じゃないと出来ない方法ですが
生地が3重で、しかも、段差も生じないため、厚みのある生地などに適しています。


このように、生地や上がり幅や用途によって、縫い方を変えるんですね。

今回は、ちょっと厚みのある生地だったので、③の方法で縫ったので、縫い方をご説明します。



完成時の断面図です。
kako-v4PukMwzrk0LrbnE.jpg
出来上がり幅は2.5cmにします。
この3倍が必要なので、7.5cm×持ち手の長さ(約30cm)を2本カットします。


kako-GhV0CJiwRL6BSNhk.jpg
縫い代は、2.5cmの半分は・・・1.25cm。 んーーー細かくて設定しづらい。
なので、ここは逆の発想で、出来上がり側を縫います。
『わ』 の方を当てながら、2.5cm幅でこのように縫います。



PICTb0025.jpg
縫ったら、写真のように、アイロンの先の部分だけを使って
つぶさないように 割りアイロンをします。


kako-HiBFWmfcpKpW7n72.jpg
右側のように、縫い代だけが割れている状態になるようにしましょう!




kako-FlaguTS499NqoQyQ.jpg
割りアイロンが終わったら、次に用意するのは 『ゴム通し』 です。
このような、挟むタイプのゴム通しをご用意ください。

あと、写真のように、縫い代の角を三角に切り落としておきます。



PICTb0028.jpg
こんな感じに、ゴム通しを中に入れて・・・


PICTb0029.jpg
端の縫い代を内側へ 押し込んで、ゴム通しで挟みます。
押し込むのは、1.0cm程で大丈夫です。
これを、ゴムを通す要領でずらしていって、表にひっくり返します。


はい、こんな感じ。
PICTb0030.jpg
縫い目が真ん中にくるようにして、アイロンでピシっと押さえましょう!


これで、持ち手の完成です♪
kako-gasGEwpVFA5Dg2kM.jpg
両サイドにコバステッチをかけて、しっかりした感じにしてもいいし
ステッチなしで、ふんわりしたままでもいいと思います。



次回は、私が命名した【折り折り】の使い方をご紹介しますね☆


hanahana.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

『袋縫い』 の 縫い方

ブログを始めてまだ2ヶ月たらずですが
アクセス数が100を超えました!

1度でもご覧頂いた皆様
どうもありがとうございます☆

どこにも宣伝してないし
特に有名ブログになりたいわけでもないので
のんびりと、密かに続けていけたらと思ってます。

どうぞ、よろしくお願いいたします183.jpg


kako-FJJvvKfzgtuM64dC.jpg

最近、ちょっと出掛ける時に、A4サイズの書類を持ち歩くことがあるため
ちょうどいい大きさのバックを作ってみました。

このようなバックは、ハンドメイドされる方なら、わりと簡単に作れるものだと思いますが
ロックミシンを持ってない方でも、
縫い代始末がキレイにできる 【袋縫い】 の方法をご紹介しますね!

---------

「袋縫い」とは、どんな縫い方か?
まずは図解で説明します。
kako-6YrQjduEOuK4Zu5H.jpg

袋縫いの断面図はこちらです↑

生地の裁ち端が、縫い代の中に納まっているんですね。
なので、ロックミシンをかけなくても、縫い代がほつれてくる心配がありません。

では、どうやって縫うのか?
ご説明しまーす!



---------
縫い代は、透けない生地の場合でしたら、1.7cm つけて下さい。
バッグの両端どちらも縫い目にするようでしたら
出来上がり寸法+(1.7×2)になります。



★生地はまず、外側が表地の状態で縫います!! (←注意ですよ!)

kako-X0BMQ4AIXeoWFzwJ.jpg
kako-ulVPvra1yCPAkPZo.jpg
縫い代1.7cmのうち、第1ミシンでまず0.7cmで縫います。




PICT0013.jpg
縫ったら、縫い代を割りアイロンします。(←★コツです!)


PICT0014.jpg
角は割りアイロンしづらいと思いますが
このように 三角にして、アイロンの先端部分だけを使って縫い代のみを割って下さい。


この、割りアイロンがとっても重要なんですよ!
するかしないかで、次の工程が グーンとやりやすくなります。

PICTb0015.jpg
はい、こんな感じ。
表地側に縫い代が出ていて、全部 割りアイロンをかけ終わりました。


----裏にひっくり返します----

裏側にしたので、生地は中表の状態になりました。

kako-JxdlN4OIZEgYya5W.jpg

kako-8x7SPh1kt0BK66Wb.jpg
図解と写真の向きが反対になってしまいましたが・・・(-_-;)
第1ミシンで縫った縫い目で折って、第2ミシンは1.0cmで縫います。

この時、縫い目ですんなり折れやすくなってるのが分かると思います。
(実際にやると分かります!)

先ほどの割りアイロンが効いてるんですね~♪
なので、絶対に、袋縫いの際には、必ず
第1ミシンの後に割りアイロンをする!!ことを覚えておいてください。



PICTb0019.jpg
これが【袋縫い】です!
裁ち端が、縫い代の中に納まってるのが見えますか??



表にひっくり返すと~
PICTb0020.jpg
完成です!!
綺麗な縫い代始末になってるでしょ♪

袋縫いは、なんでもかんでも使える始末ではないのですが
覚えておくと便利な始末方法なので
ぜひ、やってみてくださいね☆


270.gif



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

ペットボトルケース☆

kako-Yv9WA8EuMu2vo1rp.jpg

先日、とある雑貨屋さんで売ってたペットボトルケースが可愛かったので
自分で作ってみましたっ☆

これはリバティのラミネートを使ってます♪

2度の試作品を経て
わりと売ってたものと似た感じに仕上がったので満足満足ヽ(・∀・)ノワチョーイ♪


PICTp0010.jpg
ファスナーが 「わ」 になっているのが特徴です!。。。うふふ。。。


----------
ここで、ちょっと縫製のコツをご紹介!

筒状などの、丸底と本体を接ぐとき・・・
(曲線 と 直線 を接ぐ場合)


PICTp0012.jpg
このように、曲線側を見て縫います!(←コツですよ!)

直線の上がり線の寸法と、曲線の上がり線の寸法が合っていれば
必ずぴったり縫うことができます。

写真のように、曲線側(丸底)の縫い代が ナミナミして余っているように見えますが
これは、上がり線の寸法より、縫い代の方が距離が長いためですね。

このように、細かめに、まち針を打っておくと、綺麗に縫えると思いますよ。


PICTp0013.jpg
目打ちを使って、余っている(ように見える)縫い代を
つぶすように、押し込むようにして、ゆっくり縫ってみてください。

★まち針は、押さえ金の手前で必ず取って下さい!!
絶対に、一緒に縫わないようにしましょう。

(一緒に縫うと、針が折れることがあり、大変危険です!!!)


PICTp0014.jpg
ぐるっと1周縫えました~

ひっくり返してみると・・・
PICTp0017.jpg
はい、こんな感じ。
綺麗に丸く縫えてますよね♪


直線 と 曲線 を接ぐときは 曲線側を見て(上にして)縫う!
これは、縫製ではよく使うことなので、ぜひ覚えておいてくださいね。




いっぱい作ってしまったー183.jpg
PICTp0006.jpg



212.jpg jjj.gif212.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村