FC2ブログ

生地トラブルの直し方

生地を買って来て
裁断しよっかな♪・・・・と思ったら

生地が汚れてるー! とか。
折り目がくっきり! とか。

そんな経験はありませんか??

今日は、こんな場合なら、自分で直せるかもしれない例を2つ
ご紹介します☆


------------------------------------
その1 【とびこみ】の場合

kako-JYuGdnHNf76cXFQf.jpg

生地に、こんなふうに、違う繊維が織り込まれてしまってるのを
見たことがある方も多いのではないでしょうか?

これを、通称『とびこみ』と言います。(違う言い方もあるかも?)

ただの汚れ(ボールペンなどで書いてしまった線とか)との違いは
生地の裏を見ると分かります。

Pk0001.jpg
とびこみの場合は、裏面も↑このように
同じように織り込まれているんです。

(ただの汚れだと、表面のみが汚れていて、裏面は綺麗なままになっています。)



この『とびこみ』は、自分で取り除けます!!


方法はこちら↓↓
Pk0003.jpg
まち針などを使って、この とびこみの繊維だけ をすくいます。

※生地の繊維をすくわないように気を付けましょう!

どうしても、小さくて見えない場合は、ルーペなどを使ってみて下さい。


Pk0004.jpg
まち針で、黒い繊維だけを ゆっくりすくったら こんな感じになりました。

そしたら、毛抜きを使って、繊維を抜いてしまえばいいのです♪
表面、裏面、どちらからでも繊維は見えているので、取り除きやすい方からやってみましょう。



Pk0005.jpg
はい♪ きれいに取り除けました☆



---------------------------------------
その2  【折り目】の場合

PICTyu04.jpg
綺麗にアイロンをかけても、かけても、かけてもーーーー
折り目シワがどうしても消えない時ってありますよね。

そんな時は!

こちら↓↓
PICTyu05.jpg

指に水を付けて、シワの部分に トントンしながら濡らしていきます。
濡らしすぎて、びちょびちょにならないようにして下さいね。


濡らしてから、少ーーしだけ自然乾燥させます。
濡れた部分の輪郭が、少し乾いてボヤけてくるまで待ちます。

PICTyu06.jpg
↑少しだけ、濡れた部分がボヤけてるのが分かりますか??(左の方)

こんな感じになったら、アイロンでシワを伸ばします。



はい、この通り!
PICTyu07.jpg

シワが消えましたーーーヽ(・∀・)ノ



濡らした直後にアイロンをすぐにかけてしまうと
水分が焦げて、生地にシミができてしまうんです!!

せっかくシワが取れても、シミが出来てしまっては使い物になりませんよね。

なので、 輪郭が少し乾いてくるまで待つ のがポイントです♪



-----------------------

これで、使えない!と思ってた生地も使えるようになりましたね♪

ぜひ、こんなトラブルの時にはお試しください☆


270.gif


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ツェツェ風 キューブライトを作ってみた☆

この、四角がいっぱい連なった とってもカワイイ間接照明をご存知ですか?

コレです↓↓
cube-color3.jpg
ツェツェ・アソシエ/キュービスライト

以前、何かで見て知って以来、ずーっと欲しいな~と思ってたんだけど

お値段が・・・(^^ゞ
キューブ15個のショートでも¥16800もするんですよっっ!!

た、高すぎるぅぅぅーーー( ;∀;) 買えなーい。。。

でも、いろいろ調べてたら、意外とみなさん手作りされているではないですか!
作れるんだったら作る☆ と、意気込んで私も挑戦してみましたよ。



そして完成したのがこちら↓↓ じゃじゃーん♪
kako-O8C3BdWBMqShgjJ3.jpg

私はシンプルに、真っ白バージョンにしてみました。

が、完成に至るまでにはいろいろと試行錯誤を繰り返したわけです・・・。



まず、「電球が見つからない」というところから始まりました。
私のこだわりは5つ。

・電球は20球 
・コードは 白 
・ON OFFの切り替えスイッチが付いてる
・色は 電球色
・無点滅 (ピカピカ点滅するのはイヤなので)

この条件を満たすものが探しても無くて無くて(>_<)
いろんなお店を5軒くらいは見たかな。 でも売ってない。

クリスマス時期だと、たぶんイルミネーション用に種類も増えるんだと思いますけど。
でもそんなに先まで待ってられーん!!
と、ネットで探すも売ってない。

コードがグリーンだったり。コードが白でも 100球だったり。
電球の色がLEDの真っ白だったり、カラフルなレインボーカラーだったり。

これならいいかも♪ と思ったのが見つかったものの
スイッチあるのか問い合わせたら「無い」と言われたり。

んーーー困ったな。

と思いつつも、諦めずに探した結果、こちらを使うことにしました!

img59310256.jpg
コットンボールランプ

一応、全ての条件を満たしているのが、唯一これしか無かったんです。
ちょっと予算オーバー??ですが(もっと安く作りたかった・・・(笑))
四角に飽きたら、このコットンボールに付け替えれば2度楽しめるし♪・・・と自分に言い聞かせてポチりました。


PICT0001.jpg
コットンボールを外した状態がこちらです。
コードの ねじねじ が気になりますが・・・まぁ許します(妥協 その1)


やっとコードが手に入ったら、次は 四角 部分の作成です!!

何の紙で作ろうか。。。
でも『和紙』しか思い浮かばない。

手作りされたみなさんの多くが、¥100ショップで紙を購入されていました。
和紙だったり、カラフルな折り紙だったり。

私も和紙を探しに2軒行ったけど、気に入ったものが売ってなーい!
売ってても、金箔?みたいなキラキラのが織り込まれている・・・
こんなに『和』は求めてないので¥100ショップは却下。

次にロフトに行ったけど、種類が3種類くらいしかなくて却下。

で、最終的に東急ハンズへ。
無地だけど、素材感のある、ちょっと生成りっぽい和紙を買ってきました。

そして、せっせと作ったのがこちら↓
PICT0002.jpg
6センチ四方の立方体です。
これを20個。 面倒だけど、こういう地味な作業、わりと得意です(*^_^*)

いざ!! 電球にはめ込んで スイッチオーーーーン☆


・・・・暗い・・・・

ショックーーーー!! せっかく作ったのにーー。・゚・(*ノД`*)・゚・。

もうちょっと明るいライトを想像してたのですが、和紙が厚すぎたみたいです。
これは失敗。

という訳でリベンジです!!

もっと薄い和紙を購入。
でも、張りがなくてふにゃふにゃ・・・
これじゃ1枚で立方体には出来そうにない。

けど、これ以上張りのあるものっていうと、また厚みが増してしまう。
それなら「透ける紙」を重ねて張りをもたせればいいかも♪

・・・思考回路が、生地選びと共通している気がしてきた(笑)


というわけで、和紙の下に重ねる用に 一緒にトレーシングペーパーも購入。
トレーシングペーパーなら透け感もあるし、2枚重ねても明かりは抜けるだろうと。。。

早速 2枚重ねの立方体を試しに1つ作って、電球にはめ込んでみたものの

・・・全然変化なし・・・暗いまま。

んもー!! 思い通りの明るさにならなーーーい (`Д´) ムキー!

もう、トレーシングペーパーと和紙は重ねないで作るしかない!!

どうにか立方体を維持しつつ、
和紙とレーシングペーパーを組み合わせて、重ねずに作ったのがこちら↓
PICT0005.jpg
ね?ちょっと薄くなったでしょ?(笑)

思ってた色より白っぽくなっちゃったけど・・・許すことにします!(妥協 その2)
これを電球にはめ込んで、やーーっと完成☆
PICT0007.jpg

欲を言えば、ホントはもうちょっと明るくなって欲しかったんですが
電球が小さいので、明るさはこれが限界みたいです。(妥協 その3)



完成に至るまで大変だったけど、妥協もしたけど(笑)
しばらくはこれで楽しみます♪