FC2ブログ

袖(アームホール)の縫い方 その2

---【アームホール】の縫い方の続きです---

前回、『イセミシン』を入れたことろまでご説明しました。
今日はその続き、袖付けまでご紹介します!


sode0005.jpg
10cmほど残しておいた糸を引っ張って
袖山にギャザーを寄せていきます。

ここでポイント3つ!!
①2本同時に引っ張ること
②生地の裏側から出てる糸を引くこと
③袖山付近はギャザー多めに。他はほぼギャザーないくらいでOK

sode0007.jpg
写真のように、袖山のてっぺんあたりはギャザーを多めにします。


sode0008.jpg
それに対して、袖下に向かってはギャザーは少なく・・・というより
無くなるような感じで、調整していきます。


sode0006.jpg
ぐるっと全部ギャザーを入れるとこんな状態になります。
袖山が写真のように、立ち上がっているとOKです!


これで、準備が完了しました!
いよいよ、見頃と合体していきましょう~~。

-----------------------

sode0009.jpg
まず、見頃の肩線と、袖山の合印を合わせてピンでとめます。


sode0011.jpg
身頃の脇線と、袖下の縫い代を合わせてピンでとめます。


sode0013.jpg
その他、数か所ピンでとめて、こんな感じになりました。

この時点でポイント!!
身頃のアームホールに合わせて
ギャザーが寄せすぎだったら、少し伸ばして
足りなかったら、もうちょっと引っ張って・・・と同じ寸法になるように調節しましょう


sode0014.jpg
いよいよ縫いますっ!!
ギャザーが寄っていますが、縫い代がタックにならないように気を付けながら慎重に!

この時、以前、ご紹介した【紙やすり】を充てながら縫うのもオススメです☆
(写真撮っておけばよかったー( ;∀;) )


★完成★
sode0016.jpg
綺麗に袖が付けられました!
イセミシンをすると、袖山ふっくら、とっても綺麗に袖付けが出来ます。

上手な人はイセミシンしないでも付けることが出来ますが
初心者は、ぜひ、面倒だけどイセミシンを入れてから
アームホールを縫うのを試してみて下さい。

コツを掴んだら、イセミシン1本でも縫えるようになりますよ!


ちなみに。。。
アームホール縫いが終わったら、
残しておいた糸たちは切ってしまって構いません。
ギャザーを寄せるために残した糸なので
気になる方は糸ごと抜いてもOKです。


ぜひお試しください★




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト