FC2ブログ

ファスナー開閉の布団カバーの作り方 その③

P3180368-1.jpg
その①、その②のつづきです。
今回で完成させましょう~!!
(めちゃくちゃ長いですが、お付き合いくださーい(;^_^A)



------------------------------------------------
ファスナーが半分付いて、残りの半分を付けていきますよ。

あとは、表面をステッチすればいいだけ!
なのですが、いきなりステッチは難しいので、一旦、仮止めを兼ねて縫い代を縫っておきます。

P3110320-1.jpg
ファスナーの位置に表面を戻して(重ねて)みるとこんな感じ↑
ファスナーがきれいに隠れて見えませんね!

P3110321-1.jpg
それをめくってみると~
あら不思議!!!
ファスナーの端と、表面の縫い代端が同じ位置にきているはずです!

※これは、一般的なファスナーを使った場合です。
 幅の太いものだと、縫い代幅を変えないと、同じようにはなりませんのでご注意を!


端と端が同じところにきていることが確認できたら
ひっくり返します。
P3110322-1.jpg
写真のように、ファスナー端と縫い代端を揃えて、まち針で止めてから縫っていきます。


P3110323-1.jpg
これは仮止めなので、6~7ミリくらいのところを
粗い針目でも、少々曲がっても大丈夫です(^^)

P3110324-1.jpg
ファスナー止まりも、同じように、2センチ程多めに縫っておきます。

P3110325-1.jpg
そのあと、長くて余っていたファスナーを切り落とします。

P3110326-1.jpg
仮止めを縫い終わったことろです↑
表面の折り目を開くとこんな感じ。
あと1本ステッチしたらファスナー完了ですよーーー!!

P3110327-1.jpg
ステッチしていきますが、折り目が開くのが不安な場合は、
写真のようにまち針で止めておきましょう。

縫いはじめは、スライダーが邪魔なので、あらかじめ避けてからスタートします。

P3110328-1.jpg
1.5センチ幅でステッチします。
まず、ファスナー開き止まり位置に1.5センチのところに針を下ろします。

そのまま生地をぐるっと向きを変えて
P3110329-1.jpg
(分かりやすいようにまち針をしていますが)
開き止まり位置を返し縫いします。

P3110330-1.jpg
コツとしては、縫い目を1針分、手前に落とすと丈夫な仕上がりになります!

返し縫して、元の位置に戻ったら
またぐるっと生地の向きを変えて、、、
P3110331-1.jpg
1.5センチ幅でステッチしてきます。


P3110333-1.jpg
最近、私はこのPPバンド(荷物の梱包するテープ)をよく利用してるのですが
もちろん紙やすりでも大丈夫ですので、1.5センチをキープして縫っていきます。


P3110341-1.jpg
コツとしては、生地を手前に少し引っ張ってピンと張らせると
シワが伸びてきれいにステッチできますよ!


P3110334-1.jpg
どこが開き止まりか分からなくなるので、
まち針しておくといいですね。


P3110342-1.jpg
止り位置も同様です。
針を刺したまま、生地の向きをぐるっと変えて横に返し縫いをしましょう。

P3110344-1.jpg
ひと針分落とすのも忘れないように~!


P3110346-1.jpg
はいっ!これでファスナーが完成しましたー☆
大変だったかな・・・(;^_^A

あとは、周りの縫い代を縫えば完成ですよ!


必ず、ファスナーは開けた状態で生地を中表に合わせて
縫い代1センチで縫っていきます。
P3110348-1.jpg
きれいに仕上げるコツですが、
角は、直角に続けて縫わずに、縫い目がクロスするように縫う方が
表に返した時に、きっちりした角になるし、角も丈夫な仕上がりになります。


P3110350-1.jpg
縫い代の端は、ロック始末です。
角の部分は、カラ踏みして糸を多く残します。

P3110352-1.jpg
目打ちを使って、角ぎりぎりに、結び目がくるように、糸を結んでしまいましょう。

P3110353-1.jpg


これでミシンは終わりです!
表にひっくり返してみましょう~
P3110354-1.jpg
写真のように、角の縫い代はきれいに折って、指で押さえたままひっくり返します。

P3110355-1.jpg
はい、こんな感じ(^^♪
このままでもキレイだけど、目打ちできちんと角を引き出しましょう。


表にひっくり返せたら、縫い目をアイロンしていきます。
P3170362-1.jpg
まず、どちらか側に縫い代を倒してアイロンします。
角の部分は、できるところまでで大丈夫です。


P3170367-1.jpg
そのあと、今開いたところを折り目にして、表から仕上げアイロンしていきます。


P3170363-1.jpg
ファスナー部分、ステッチしたところは
こんなふうに、生地が波打っていると思います。

P3170364-1.jpg
ここは、裏側のファスナーの方からアイロンしますよ。
少しファスナーを引っ張って、生地のシワを伸ばす感じで。

P3170365-1.jpg
ピシっときれいになりました!


全体にきれいにアイロンして完成です!!

お疲れ様でしたーーーー!!
完成でーす☆
P3180369-1.jpg


その③が、めちゃくちゃ長くなってしまって申し訳ないです(;^_^A
詳しく書いたつもりですが
何か分からないところがありましたらコメント頂ければと思います!

布団カバーでのご紹介でしたが、
応用して、クッションカバーや座布団カバーなども作れますので
ぜひ、お役立て頂けると嬉しいです♪
スポンサーサイト



ファスナー開閉の布団カバーの作り方 その②

P3180368-1.jpg
その①からのつづきです。
今回はいよいよファスナーを付けていきますよ!

-------------------------------------------------------------
P3110304-1.jpg
ファスナーに、開閉口の長さをチャコペンで印しておきます。
(写真は、位置が分かりやすいように赤で印してますが、実際は黄色いチャコペンを使ってます)

私の例題でいくと (その①の図解参照)
タテの直線は縫い代込で【132センチ】あります。
そこから上下ともに【8センチ】ずつ中縫いしました。合計【16センチ】

なので、132-16=【116センチ】が、ファスナーの長さになります。

写真のように、ファスナーが長い場合は
開け始める側を優先して、下の方を余らせます。
カットは最後にするので、ここでは印してもそのまま切らずにいてくださいね。

開け始める側の印ですが、
プラスチックの止めのすぐ横だと、のちにステッチする時に針がぶつかるので
5ミリほどずらして印をしましょう。



まず、最初に縫うのは 裏面の縫い代です!!
P3110305-1.jpg
生地に対してファスナーは裏を上にします(要は中表ですね)
縫い止りと、ファスナーの印を合わせて、まち針で止めていきます。

P3110306-1.jpg
ファスナーの端と、生地の端をぴったりと揃えます。


ファスナーを縫い始める前に、表面の縫い代を一緒に縫わないように
めくってよけておきます。
P3110307-1.jpg
ファスナーの裏にある、表面の生地を上にめくって・・・

P3110308-1.jpg
さらに横にもめくって、裏面の縫い代が見える状態にしておきます。

P3110309-1.jpg
その状態で、まち針でファスナーを止めておきましょう。
写真のように、開き止り位置からあと3センチ程度で大丈夫です。

反対側の、ファスナー開け始め側も同様にして
開き止まり位置とファスナーの印を合わせ
その間も、距離が長いので、何か所かまち針で止めておきます。


まち針で止めたら、ファスナーを縫っていきます。
押さえ金は、写真のような【片押さえ】を使います。
ファスナー用の押さえを使っても大丈夫です。
P3110310-1.jpg
開き止まり位置より、2センチくらい奥からスタートします。


P3110311-1.jpg
こんな感じで、ファスナーの端と生地の端はぴったり合わせて縫いましょう!


P3110312-1.jpg
反対側まで縫ってきました。
スライダーが邪魔ですね!
その時は、、、

P3110313-1.jpg
針は刺したままで!押さえを上げて
スライダーを後ろにずらして下さい。

P3110314-1.jpg
そして終わりまで縫いきります。


次は、今縫ったところをコバステッチしていきます。
P3110316-1.jpg
2ミリ程度のコバステッチをかけていきます。

※コバステッチとは?
 →1~2ミリくらいの一定幅で、きわきわにステッチすることを言います。

写真のように、幅の細い押さえ金を使ってかけました。
P3110317-1.jpg
スライダーのところは、先ほどと同じです。
針は刺したまま!スライダーをずらしてから縫いましょう。

P3110318-1.jpg
コバステッチも、開き止まりから、少しだけ(2~3針でもいいので)長めに縫うと
完成時の仕上がりがキレイですよ♪
これはコツだと思うので、やってみてくださいね!



片方のファスナーが付きました!!
P3110319-1.jpg

-------------------------------------------------

どうですか?ここまでできましたか???
縫う距離は長いけど、直線なので難しくないですよね?(え?)

ファスナーもあと半分です!!頑張りましょう~。
やっぱり長くなったので、その③につづきます。

ファスナー開閉の布団カバーの作り方 その①

久しぶりに作り方を詳しく書いたブログのアップでございます(;^_^A
どなたかの参考になれば幸いです☆

----------------------------------------------------

P3180368-1.jpg
【ファスナー開閉の布団カバーの作り方】をご紹介したいと思います。

たぶん、写真が多くて3回くらいに分かれると思いますが・・・

生地は大きいし、ファスナーも1メートル超えで長いし、大変そう~~~という気持ちも分かります!
そんなあなたでも大丈夫♪ミシンさえあれば、全て直線縫いです!!
ここで、これでもか!!ってほど詳しく説明していきますので
頑張って作ってみましょう~☆

布団カバー図解1
まず、生地を裁断します。
上の図解は、例えばの寸法です。

掛け布団カバー、敷布団カバー、どちらも同じ縫い方で作れますので
ご自分の作りたい布団のサイズに合わせた寸法に、縫い代を付けてくださいね。

(ここではあえて、どちらのカバーとは拘らずに縫い方だけを説明していきます)

裁断するのは
【表になる生地】を1枚
【裏になる生地】を1枚 です。
縫い代の付け方が少し違います。

図解のように、表側にくる生地の長い直線のところ(ファスナーを付けるところ)の縫い代だけ
2センチ付けておきます。
その他は全て1センチでOKです。

裁断後に、どっちに2センチ付けたっけ??と分からなくなるので
マスキングテープに「おもて」「うら」などと書いて、生地にペタっと貼っておくといいですよ!

そしてここでは、この先
【表になる生地】を『表面』
【裏になる生地】を『裏面』と書かせていただきます。

ややこしくて申し訳ないですぅ~


裁断が終わったら、ファスナーを付ける長い直線にロックミシンをかけます。
P3110297-1.jpg
これは表面です。
ロックミシンは、長い直線のどちらか一方のみかけます。
(反対側はかけません)
縫い代は切り落とさず、端っこぎりぎりをかけてくださいね。

P3110299-2.jpg
こちらは裏面です。

それぞれにロックミシンをかけたら
表面の縫い代だけ、アイロンで2センチの折り目を付けます。
P3110358-1.jpg
すみません、画像の生地が違うものになってますが・・・
折り折りを使って (折り折りが分からない方はこちら→) 2センチ幅に折っていきます。
裏面は何も折らずにそのままですよー。

P3110301-1.jpg
ロックミシンした直線の方を、下に表面、上に裏面が来るように中表にして重ねます。
この時、表面は縫い代2センチついてるので
1センチずらして重ねます!

P3110302-1.jpg
まち針で固定し、端から8センチのことろまでを縫っていきます。
縫い代幅は上の生地端から1センチです。

又は、、、
上の写真の状態で縫ってもいいですが、まち針したままひっくり返してみましょう。
P3110357-1.jpg
また、画像の生地が違いますが・・・
このように2センチの折り目の真上を縫っていきます。
こちらから縫った方が分かりやすいかと思います♪

※まち針は、縫う寸前で絶対に取ってくださいね!
 そのまま縫って針が当たると、折れて危険ですのでご注意ください。




上下ともに8センチほど中縫いができたら、表に返してみましょう。
P3110303-1.jpg
こんな感じ↑になりました。


長くなってきたので、その②に続きます。
次はいよいよファスナーで出番ですよ!!

ご報告&予告

かなり長い間、放置しておりましたこのブログ・・・
それでも、ご訪問頂き、コメントもして下さる方もいらして
大変ありがたく思います。
ありがとうございました!!
なかなかお返事も返せずにいて、申し訳ございませんでした

放置してた(している?)理由といたしまして、、、
ここでご報告なのですが

昨年の夏に、息子を出産いたしましたー★
P8132665-1.jpg


妊娠発覚時からすでにツワリで苦しみ
夏に無事に産まれてからは、怒涛の日々を過ごしております(⌒∇⌒)

それまでは、仕事が大忙しで日々ぐったりでしたが
今は育休中なのですが、育児で日々ぐったりです。

春からは、保育園が無事に決まりまして
私も仕事に復帰します。

その前に、保育園グッズの準備がめちゃくちゃ大変な毎日なのですが
布団カバーを用意しないとなんですよね。
しかも、既製品のサイズと全然ちがーーーう!!

まぁ、手作りするのは私は全然OKなので苦ではないのですが
お裁縫しないママさんたちは、さぞお困りかと思い
布団カバーの作り方を次のブログからアップしていこうかと思います♪

園によっては、開閉口はファスナーで!と指定もあるかと思います。
特に指定はなくても、小さなお子様の場合は、ヒモだと引っ張って解いて遊んじゃったり
スナップボタンだと、万が一取れた場合に、誤飲につながる危険もあります。

なので、ちょっと大変かと思いがちなのですが
ここはファスナーで作ってみたいと思います!!!

3月下旬にそんなブログ・・・今更遅いよぉ~~~(´;ω;`) かもしれませんが、、、
洗い替え用とか?好きな生地を見つけたから、自分の布団カバー作ろうかしら!とか(笑)

ぜひ、作ってみて頂ければ嬉しいでーす☆
近日中にアップしますね!!